ねじめびわ茶は肝臓に良い?

ねじめびわ茶は肝臓に良い?

メタボリックシンドローム対策に注目されているお茶といえば、ねじめびわ茶です。国産のねじめびわ茶には、腎臓や肝臓の働きを改善し、利尿作用やデトックス効果のほか、脂肪を落とすダイエット効果が期待できます。

 

鹿児島県大隈半島にある根占町で開発されたねじめびわ茶は、メタボリックシンドロームへの対策効果を国立鹿児島大学と鹿児島純心女子大学の共同研究で認められているほど。

 

古来から健康維持に用いられてきたびわの葉から特許製法のトルマリン石焙煎で作られているので、他のねじめびわ茶とはちょっと違います。

 

その製法は、波動水でびわの葉を洗浄し、びわの持つエネルギーを向上させました。トルマリン石には遠赤外線やマイナスイオンを発生する作用があり、これを使って焙煎することで有用成分を最大限まで引き出せるのです。

 

一般のびわ茶の3倍もの有効成分を含有しているというのですから、本物ですね。1杯ねじめびわ茶を飲むだけで、利尿作用やデトックス効果、肥満予防効果をたっぷり実感することができそうです。

 

鹿児島県産の厳選されたびわの葉のみを100%使用したねじめびわ茶は、こだわりの無果実栽培によって育てられています。果実が実ると葉に太陽が当たりにくくなるというのが、その理由。葉にのみ栄養成分がしっかり含まれるように、ていねいに育てられているのです。

 

その葉をじっくり天日乾燥し、無農薬で仕上げたねじめびわ茶には、リピーターも多くいます。他のびわ茶より香ばしく飲みやすいという口コミも寄せられ、むくみ取りに重宝しているという声も聞かれています。